バイオマスエネルギー
    
木質バイオマス発電
●バイオマス蒸気タービン発電●
バイオマスを燃焼した際に発生する熱を利用し、ボイラーにて蒸気を発生させ、蒸気タービンを駆動させることによって 発電する方式です。 また、バイオマスの炭化の廃熱を利用して発電することも可能です。多様な用途を持つ炭の生産と発電を同時に行う ことができます。


●バイオマス ガス化発電●
バイオマス資源を高温で熱分解し、発生する燃焼ガスを直接送り込んで発電機を稼動させる方式です。 都市ガスを用いたガス発電装置が普及しつつありますが、こちらは木質バイオマスガス(木ガス)を熱源とするものです。 蒸気タービン発電よりも発電効率がよく、小規模発電に適します。


もどる