あいとう菜の花館循環モデル

地域の中心産業である農業から発生する籾殻を炭化し土壌改良材として利用したり、炭化熱を暖房などに利用。地域循環型システムを提案しました。